生活_ハウス

クレート

扉つきのハウス。それぞれ1個ずつ持っています。扉のはずせるものを選んでいます。中には毛布を敷いてベッドとしても使っています。クレートで静かにすごせるようになると、車での移動や、預ける場合などにとても便利です。大きすぎるものより、フセの姿勢になったとき、ちょうどいいくらいの大きさが落ち着くのではないかと思います。

入るのを嫌がらないようにする

最初は扉をはずして練習しました。おやつを中へ入れて「ハウス」と言いながら誘導、入ったらほめるを繰り返すと怖い所ではないことがわかったようです。ムリに押し込んだり、引っ張り出したりしないように、軽く触って誘導しました。

扉を閉める練習

閉めたらおやつ、すぐに開ける、を繰り返し、徐々に開けるまでのタイミングを長くしました。入っている間、テンションをあげずにゆっくり落ち着いた声をかけました。

入って過ごす練習

寝るとき使っている毛布やぬいぐるみなどを入れてできるだけ安心できる場所になるようにしました。鳴いている時は扉を開けない。なかなか静かにできない時は、タオルケットなどを上からかけて暗くしてやると、落ち着くようです。眠そうにしている時がやりやすかったです。 できるようになったら クレートに入っているときはそっとしておきました。鳴いているときは扉を開けない。開けるときにもテンションをあげず、静かに出します。自然にフセの姿勢になり、吠えていなければ、静かになったとみなしています。

パスカル

入るのが好きとまではいかないようですが、中で静かにしていることができます。以前、イタズラをした際の罰として使ってしまったことがあったので、あまり好きでないのかもしれません。今は罰として使うことは全くなく、好きなガムなどを中で噛むようにしたりして、入っていることは嫌ではないようです。入るとおやつをもらえると思っているようです。

▲ページトップ

ポーリング

眠くなると自分から入っています。お気に入りのおもちゃを持ち込んで、すっかりマイルームです。扉を閉めて独りになると鳴いてしまいますが、布団をかけておくと静かになります。出してと暴れたあとでもまたすぐ入ります。

▲ページトップ

パウリ

彼のクレートは少々大きすぎるようです。中でご飯を食べるのですが、こぼしたりして散らかしてしまいます。出してと暴れるようなことはほとんどありません。

▲ページトップ

オードリー

彼女のクレートトレーニングはとてもスムーズでした。最初は扉と上半分もはずし、ベッドとして使いました。昼間、入る練習をしました。次に、寝るとき扉をはずしてトイレ用のサークルの入り口につないで置きました。この時点で、入って寝るようになりました。扉がないので、自由にトイレに行けるし、閉じ込められたという感じがないので、機嫌よく入っていました。今は朝までトイレに行かないので、扉を閉めた状態で寝ています。寝る時間になると、自分から入っていきます。

▲ページトップ